前のページに戻る
ホーム/代表者挨拶
katsu photo

代表者挨拶:KATSU

人は皆んな、生まれながらに違いがあるから自分と言えます。

社会構造の中で何かに合わせて生きるのも大事なことですが、自分を消して毎日を生きているのは自分として生まれてきた意味を無さない。

ただ一度の人生を、自分の持った才能や資質を活かして、仕事や日々日常に、ましてや人生の全部を心から愉しんで生きる人達を増やしたいと考えます。

プロフィール

自己の怪我や病気・身近な人の死などから人と人生を考える。

様々な角度から独学で深く思考し仕事と人生の本質を深めてゆく。

日本縦断を実行し現在までに累計1万2000人以上の人々のビジネスやライフスタイルコンサルを行い、多くの人達に気づきと変化を与えてゆき、仕事や人生をより良く生きる人々が増え続けている。

現在は、講座・セミナー・講演・私塾を開き、自らの経験を元に「仕事は人」「人が変われば人生は変わる」を理念とし魅力的な人々を育てている。

誰でも一度の人生を輝いた生き方ができる人達が多くいる社会と多くの心からの笑顔あふれる社会を実現すべく、志高く事業に取り組んでいる。

KATSU 略歴

  • 23歳|病院で誤診を受け誤った薬物を投与され心肺停止するも生き返る。

  • 26歳頃|音楽が好きでプロのミュージシャンになる為、ヴォーカルオーディションを受けて選ばれ、東京の事務所に行くことが決まっていたが、同時期に母が脳梗塞で倒れ夢を諦める。

  • 26歳〜|実家の繋がりで自動車販売修理業の店主を任される。そこでは、個人売上1億、地域販売店1位、保険販売1位を6年間続ける。

  • その後、頑張り続けた無理がたたり、パニック障害になり約2年程、日々の症状と苦しみながら事業を行う。

    当時、「もう病気って認めてみたら」と妻がかけてくれた一言で、自分が病気だと認めていなかったことに気づく。認めると病気はすぐに治ってゆき、”精神で起きている これはなんなんだ”と問いが生まれ、考え始める。これが人の精神や心理を独学で学び始めるひとつのきっかけとなる。

    仕事中の事故で、左眼にマイナスドライバーが刺さり、失明は逃れたが約一年程、両目を塞いだ状態で過ごし、その中で色々と悟る。

    その時のことはブログにまとめてます。

    https://ameblo.jp/katsu-kig/entry-12609578017.html

  • 38歳〜|その後、嫁を鬱で亡くし 母を脳梗塞で亡くして、人生を考え今までの仕事を辞めてリスタートする。

    小さな頃から、絵が得意だった為、絵描きを始める。個展を3度開催し、前職の営業などの力を活かし全て100名以上の人を集める。

    絵書きでは自分が伝えたいこと 人を救うことの限界を感じ、車の仕事を辞めて身一つで家を出て、販売や人と話すのは得意だったことと、本を多く読んではないが、向き合い掘り下げた中から、哲学や本質を追求したことが、古書や本に書いてあったと言われる様になり、お話会や講座やセッションを始める。

    口コミで評判が広がり、参加者の繋がりの中から北海道大学の物理教授から会ってみたいと声がかかり、どうせならと陸路で北海道まで向かい、多くの人達の生き方に触れる。

    日本縦断をするなか、FBやブログ繋がりで出会った人達に声をかけて頂き、各15都市を伺い、現在までで累計一万二千人以上のライフコンサルとビジネスコンサルを行う。

  • 42歳|その後、考え方と生き方を学ぶ私塾を開き、広告は打たずに口コミと紹介だけで現在9期が進行中。これまでに100名以上の生徒がいて現在も増え続けている(2021年5月現在)。

  • 47歳|2年前、自分自身が脳出血で倒れたが、命にも別状なく麻痺もなく現在も精力的に活動を続けている。

    その時のブログ:https://ameblo.jp/katsu-kig/entry-12483545148.html

仕事の成長やライフスタイルを含む、

人生の全般をより良く生きる人、

その姿が身近な誰かの憧れになる人へ

男塾・katsu塾は、全ての人の毎日の中にある 仕事 や ライフスタイル をベースに、より人生を向上し発展する為の考え方や生き方など、一度きりの人生が自分らしく最高のものにしてゆく為の学び場です。

前のページに戻る
ホーム/代表者挨拶