前のページに戻る
ホーム>男塾>【男塾】本当の本当を知り自分の芯となる確信への力

9/24・25はkatsu男塾第2回目の日でした。

第1回目、伝えるべき事が多く時間も大幅に超えての学びでした。

なので今回もそうなる事を予測し合宿形式で進める事になりました。

南国風なホテルでプールもありとても居心地の良い空間でした。

部屋も広くキッチンや洗濯機などもついてる部屋でした。

第3日目の男塾はもっと広く部屋らしい。

ちょっと期待。

男性陣の部屋は2部屋ありベッドも4つ。

サポート女性陣の部屋も広かったらしい。

部屋について先日山口県萩市にある松陰神社に行って松下村塾を見てきた時に買ってきた御守りを男性陣にプレゼント。

吉田松陰先生の書いた文字が書かれた御守りです。

参加は、田中まさるさん、平野あきひこさん、秀島聖さん、坂内秀洋さん、katsu男塾の目的たるテーマは「本気と真剣」「精神と意識」です。

みんな穏やかな雰囲気の中真剣に学ぶ。

第2回目の学び午前は 第3章 「販売と流れ」 ・お客様と流れ ・キーマン ・ルーティンと生み出す力 ・SNS ・創造性と可能性   第4章 動く力 ・コミュニケーションとクロージング ・一番を動かす ・かんたんを活かす ・シンプル脳 ・出来る・やる事の広がりを見つけ活かす ・ちょっとの大きな力 ・生み出すを考える   考え学び創造し膨らませまた考え学び創造し膨らませの繰り返し。

同じ人間は1人としていない。

その個の持つ力を引き出す。

笑顔も絶えない穏やかな時間でした。

常識や固定観念は本当に小さなもの。

そこを貫く力こそが自分にありえない力を生み出す。

歴史の先人達が考え抜いた知恵と価値。

その知恵と価値が淘汰され残ったものが本質として文化となる。

そこは揺るぎなく価値として残ってます。

いくら新しい価値と言った現代だとしてもそれは歴史が無ければ産まれない事。

新しくても古いものの中に生き知恵と価値を残した方々が居るからこその答えなのです。

katsu男塾、katsu塾はフリースタイル。

どんな格好で学ぼうが良い。

格好は表へのもの。

学びは深めるもの。

自分の中に落ち込めば身体は考える事なく動き出します。

そんな自動で自動な力になる学びです。

暗くなってきて女性陣がカレーとポテトサラダを作ってくれた。

手作りはやっぱり美味い!食らいつく男性陣!うめぇー!サポート中井ななさん ・松本涼子さん・倉富康恵さんありがとう。

そして後半katsu男塾のもう1つの学び。 「人生を学ぶ」と言う大切な所です。

今回は 1、理解せず進め 2、学びとは 3、真実とは 4、憧れ 5、つらぬくこと 6、口にせぬ道   師とする学びの大切な事。

大いなるもの大切な学びのひとつ。

そういう事か!なるほど!という声も皆んなから何度となく上がる。

自分の言葉は自分だけの言葉ではない。

歴史を行き文化を作り残した先人達の知恵と知識の言葉。

そして歴史に刻み残るべくして残ってきた価値。

どんな人も誰1人 自分1人では生きてはいない。

本当に本当を知り確信として自分の中に太い軸が出来上がる。

人にはたまにしっかりとした顔を垣間見る事がある。

そんな時間が多くある男塾でした。

夜も更け皆んな眠りにつき次の朝への学びと続く。。。

katsu男塾合宿2日目へ。

前のページに戻る
ホーム>男塾>【男塾】本当の本当を知り自分の芯となる確信への力