前のページに戻る
ホーム>ブログ紹介>【ブログ紹介】高価な服を着れば良いと言うことではなく…

たまたま見てたInstagram。

柴咲コウの画像がアップされていた。

うん。

服に着られていない。

彼女がブランドに消えず、

彼女の雰囲気がちゃんとある。

https://www.instagram.com/p/CbcJfecvpm0/?utm_medium=copy_link

GUCCIやVUITTONだけじゃなく、

ハイブランドもミディアムブランドも

昔からロゴの主張が強いものは多い。

高い服  高い物

the 持ってます 着ています 感なのは、

せっかく良いものを着ていても

残念でもある。

服に負けない

服に着られていない

着る人物の空気

なので、

ある意味、服は着る人を選ぶ

ハイブランドを着てるのが良い

高い服を着てるのが良い

という、

意識だけがあって着てる人の中には、

服に着られている人も多いのも事実。

中には、

急に収入が増えてしまって、

税金対策の為などと

話をする人もいたりするが、

根本的部分で

服は着る人を選ぶなら

服が

あなたに着てもらいたい

許可が出るほどの空気

持った人でいたいと考える。

まぁ それも、

すべて生き方だな。

こんなブログもどうぞ。

⬇️

『それは…美人製造機』

https://ameblo.jp/katsu-kig/entry-12714170025.html

⬇️

『 伝言ゲーム 』

https://ameblo.jp/katsu-kig/entry-12706357830.html

普通にさらりと

良い服が見合う人になると良いし

高い安い関係なく

見合う服を似合う形で着ればいい。

だが、自分の魅力を引き出す服や持ち物なら

現在の自分が高いと捉える基準など関係なく、

色んな服を試着したらいい。

すると、今現在の自分が思う以上の

自分にも出会える。

人は見た目も大事なのでね。

自分が常に人生の先頭(前)にいる。

あなたを表すものを

あなたが引き連れながらね。

https://ameblo.jp/katsu-kig/entry-12704870721.html

前のページに戻る
ホーム>ブログ紹介>【ブログ紹介】高価な服を着れば良いと言うことではなく…